妊娠初期に葉酸が必要な理由とは?葉酸摂取における5つのポイント

妊娠初期。0ケ月〜4週目に入るまでの妊娠超初期と言います。排卵し、受精し、着床し、そして細胞分裂が行われるとても大切な時期だと言われています。胎児が期間形成を始めるのも妊娠超初期になります。その大切な時期に、葉酸摂取は重要です。
この時期にしっかりと葉酸を摂取しておかなくては、産まれてくる胎児に大きな影響を及ぼすと言われています。

 

1・妊娠初期に葉酸が必要な理由は?

妊娠初期。それも超初期と言われる時期。この時期は産婦人科を訪れてもまだ、妊娠しているかどうかの確定はできない時期です。そんな時期に葉酸が必要な理由は。胎児の細胞を増殖させるときに必要なDNA合成の過程で必要となるからです。妊娠初期の細胞分裂が活発におこなわれるため。この時期に一定量の葉酸が摂取できていないと胎児に神経管閉鎖症のリスクが高くなってしまいます。
葉酸摂取は胎児の先天性疾患のリスクを大きく減らす役割もあります。

 

2・妊娠初期の葉酸摂取量はどのくらい?

妊娠初期に妊婦が摂取したい葉酸の量は480ugになります。
非妊時の場合は240ugになります。なので、通常の2倍の葉酸摂取が必要になります。まだ、一般の妊娠検査薬では確認できないじきになりますが。そんな大切な時期に葉酸は細胞増殖に必要な物質になり。妊娠初期に一定の葉酸が摂取されていないと胎児が先天性異常のリスクが高くなります。

 

3・葉酸摂取で妊娠初期に防げることは?

葉酸には。妊娠初期の妊婦が葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖症のリスクを低減させる効果があります。
神経管閉鎖症とは。胎児の脳や脊髄を形成するときに正常に形成されないことによって、起こる先天性異常の一種です。近年では胎児の神経管閉鎖症の増加が多くみられています。なのd、葉酸の重要さは重視されています。しかし、葉酸だけでは神経管閉鎖症を完全に防ぐ事はできません。
また、妊娠初期に起こってくる悪阻を軽減させる効果も葉酸にはあります。

 

4・葉酸の過剰摂取は危険性が高い

妊娠初期に葉酸が必要だからと言って、過剰に摂取しすぎるのは危険性が高くなります。葉酸は水溶性ビタミンに分類されています。なので体内に蓄積されない性質があるため、余分なものは排尿などで排出されてしまいます。だからと言って排出された分を補うために過剰摂取をすればいいものではありません。あまりにも多量に葉酸を摂取しすぎてしまうと、場合により、発熱や蕁麻疹。かゆみ、呼吸障害といった過敏症状を起こすこともありますので。一日の摂取量は守るようにしましょう。また、葉酸の過剰摂取はビタミンB12欠乏症の診断をしにくくすると言われています。妊娠においてビタミン12は必要な栄養素になります。ビタミンB12の欠乏は胎児の血管疾患の発症を高めるリスクに繋がってしまいます。

 

5・葉酸を食品でおぎなえない時はサプリメントがおすすめ

妊娠初期に必要な葉酸は一日480ugとされていますが。通常の食品だけで480ugもの葉酸を摂取するのは相当な量を必要とし、リスクもたかくなってきます。食品に含まれている葉酸は、即時には水溶性ビタミンに分類される葉酸が含まれている事が多く。体内吸収される事が少ないです。なのでサ酸が吸収されますので。葉酸の過剰摂取にならないように、サプリメントでおぎなうようにしてみましょう。サプリメントを一日1粒摂取して、後は食品で摂取するような形で葉酸を摂取してゆくのが一番好ましく思われます。
サプリメントだけの摂取ではなく。食品と合わせてバランスの良い食生活を心がけましょう。また、サプリメントも多様にありますが。正しいサプリメントを選び、葉酸の過剰摂取にならないよう十分に気を付けてゆきましょう。